てんかんを持つ人の就職について

人間の脳のニューロン

てんかんを持つ人であっても就職は可能です。
但し、面接や就業前の担当者との面談等において自分がてんかんの持病がある事は必ず伝えておくべきです。
てんかんを隠して就職する事も可能ですが、トラブルが発生した時に会社、同僚、取引先等多くの人々に迷惑をかける事になるので事前に報告しておいた方が安全です。
報告をせずにトラブルになった場合、社会人としてのマナーを疑われます。
自動車の運転や機械を操作する業務に従事する家ケースもあります。
出来るだけそのような業務のある企業は避けた方が安全のために良いです。
しかし、そのような企業に就職し、そういった業務をせねばならない時は事前に会社と話し合いを行い、安全の範囲内で業務をする等のルールを決めておく事です。
企業は本人に無理をさせない環境を構築し、健康に働いてもらう配慮をする事が必要です。
また、企業は会社に関係するすべての人々の安全を最優先に考える方が良いです。
てんかんをしっかりと理解し、適切な配置や労働環境を構築する事です。
このような行動が出来る企業であればてんかんの持病のある人であっても長期間にわたって安定して勤務する事が可能です。
現在、てんかんを持っている人を雇用したくないという法人は多くあります。
そのため、患者はその病気を隠したまま仕事を続け、就職後にトラブルを起こしてしまう人が少なくないです。
このようなトラブルを予防するためには多くの企業がこの病気についての理解を深め、彼らが長期間にわたって勤務する事が出来るシステムを構築する事です。
てんかんを持つ当事者は面接では必ず伝えた方が良いです。
その病気を持っていても採用してくれる法人はあります。
将来への不安から隠す事が最も良くないです。