てんかんの発作がなくても薬の服用は続けるべき?

神経系のニューロン

脳の病気もいろいろありますが、そのひとつにてんかんがあります。
これは脳への障害があってその後てんかんという病気を発症してしまうことがあります。
それは脳炎や脳梗塞、また脳へ影響のある低酸素状態が続く、頭の外傷などです。
てんかんになった場合、症状としては突然意識を失ってしまい、体が硬直してしまうことがあります。
このような発作を繰り返し起こしてしまうのがてんかんの特長なのです。
てんかんは幼児期から18歳のころまでに発症するのがほとんどなのですが、大人になっても発症することがあります。
発作にも種類があり一時的に意識を失ってすぐに戻るような場合と、意識を失って全身が硬直してけいれんを起こしてしまうような症状もあります。
まずこのような発作が起こった場合は脳神経外科などの病院へいって診察を受けることです。
脳波などの検査などによってわかる場合もあります。
てんかんと診断されると、このような発作を繰り返し起こすことになります。
発作を抑えるためにも、発作の状況やその発生頻度によって薬が処方されることになります。
てんかんはすぐに治療することはできない病気です、しかし意識を失う、けいれんといった発作がいつ起こるかわかりません。
そのためには薬でコントロールすることがまず必要な処置となります。
幼児期などに発症した例などは大人になるにしたがって発作の頻度が減ってくることがあります。
また大人になってから発症した場合も薬をきちんと飲んでいることで発作が起こらなくなってきます。
ここで注意しなければならないのは自分の判断だけで発作がなくなったといって薬を飲むことをやめないことです。
医師に今の状況を正確に報告をして、医師の判断のもと薬の量をコントロールすることが必要なのです。